横浜市泉区で審美歯科、セラミック治療

〒245-0008 神奈川県横浜市泉区弥生台24-11
相鉄いずみ野線「弥生台駅」南口より徒歩2分

診療時間
10:00~12:45 × ×
15:00~19:00 × ×

□:15:00~18:30 △:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※学会等により休診日が変更になる場合があります。
その際、木曜に診療を行うこともあります。

ご予約・お問合せはこちらへ

045-813-7047

医療費控除について

支払った歯科治療費が戻ってくる
医療費控除をご存知ですか?

セラミック等を使った自費治療は保険治療に比べると高額ですが、医療費控除を上手に使えば治療費を軽減できます。

医療費控除とは

医療費控除とは、自分と家族の医療費が年間10万円を超える場合に、確定申告で申告すると税金の一部が戻ってくる制度。

歯科の保険外診療(自費治療)も医療費控除の対象になるため、手続きをすれば税金の一部が戻ってきます。

セラミック等の審美歯科に、医療費控除は使えるの?

セラミックやポーセレンを使った差し歯等の審美歯科治療は、治療の目的によって対象になる場合とならない場合があります。

自分の治療が医療費控除の対象になるのかわからない場合は、当院までお気軽にご相談ください。

対象になる場合

噛む機能や噛み合わせを改善したり、回復させたりする治療で、セラミック等の保険適用でない材料を使用する場合は、医療費控除の対象になります。

対象にならない場合

見た目をキレイにするためだけが目的の治療は、医療費控除の対象になりません。

なお、治療費そのものだけでなく、通院にかかった公共交通機関の交通費や処方された医薬品代も医療費控除の対象となります。

デンタルローンやクレジットカードを使っても控除は受けられるの?

デンタルローンやクレジットカードの分割払いを利用した場合でも、医療費控除は受けられます。

ただし、金利や手数料は控除の対象外です。

医療費控除で、いくら戻ってくるの?

医療費控除を申告すると、所得税と住民税の2つの税金の一部が戻ってきます。いくら戻ってくるかは、以下の計算式でわかります。

控除対象額

医療費の合計ー10万円ー保険金等の補填額(※)

所得税から戻ってくる金額
控除対象額×所得税率
住民税から戻ってくる金額
控除対象額×10%

(※)生命保険や損害保険等で受け取った保険金がある場合は差し引く必要があります。

ご自身の所得税率が何%かは、国税庁のHPでご確認ください。

治療費が30万円で、年収340万円、保険金がない場合

控除対処額
30万円ー10万円ー0円=20万円
所得税から戻ってくる金額
20万円×20%=4万円
住民税から戻ってくる金額
20万円×10%=2万円

合計6万円が医療費控除で戻ってきます!

実質24万円の治療費で済みます

どうやって手続きするの?やり方は?

医療費控除を受けるためには、確定申告の際に医療費控除の申請をしなければなりません。確定申告は、毎年2月16日〜3月15日の間に行う必要があります。

医療費控除の申請のやり方については、以下の国税庁のHPを参照してください。

領収書やレシートをなくさないように

医療費控除の申請には、かかった医療費を証明するための領収書やレシートが必要になります。領収書の再発行はできませんので、なくさないように保管しておきましょう。

なお、デンタルローンやクレジットカードの分割払いを利用した場合には、医療費控除を受けるときの支出を証明する書類として、デンタルローンの契約書や信販会社の領収書を保管しておいてください。

 

以下のページもご覧ください

私共が提供しているセラミック治療の種類や特徴を紹介しています。

金属アレルギー対策に役立つ当院のメタルフリー治療について紹介しています。

当院の審美歯科治療の基本的な流れについて紹介しています。

設備など院内の様子はこちらをご覧ください。

当院では審美歯科・セラミック治療でお悩みの方へ無料相談を行っています。お電話よりお気軽にご連絡ください。

045-813-7047

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~12:45
午後:15:00~19:00
□:15:00~18:30
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※学会や研修会などのため休診日が変更になる場合があります。その際、木曜日に診療を行うこともあります。

045-813-7047

〒245-0008
神奈川県横浜市泉区弥生台24-11
相鉄いずみ野線「弥生台駅」南口より徒歩2分