横浜市泉区で審美歯科、セラミック治療

〒245-0008 神奈川県横浜市泉区弥生台24-11
相鉄いずみ野線「弥生台駅」南口より徒歩2分

診療時間
10:00~12:45 × ×
15:00~19:00 × ×

□:15:00~18:30 △:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※学会等により休診日が変更になる場合があります。
その際、木曜に診療を行うこともあります。

ご予約・お問合せはこちらへ

045-813-7047

ジルコニア治療

当院では、なるべく安い費用でジルコニア(ダイヤモンドセラミック)治療を提供したいと考え、リーズナブルな値段設定を採用しています。

しかし、決して安かろう悪かろうの治療ではありません。

患者さまが治療後に後悔されることがないよう、患者さまに上手い歯医者さんに治療してもらってよかったと思っていただけるために、常に技術研鑽に励んでいます。

ジルコニアとは

ジルコニアはセラミックの一種で、「人工ダイヤモンド」「白いダイヤモンド」とも呼ばれます。

白色の素材で、硬くて丈夫なことが特徴です。

ジルコニアインレーとは

ジルコニアインレーとは、ジルコニアで作られた詰め物(インレー)のことです。

インレー(詰め物)は虫歯などが原因で欠損した歯の部分を補うために用いられ、とりわけ欠損部分が小さい場合に適しています。

ジルコニアは強度が高く、とても丈夫な素材なので、噛む力が強くかかる奥歯の治療の使用が可能です。またジルコニアインレーは奥歯の治療にもおすすめです。

ジルコニアクラウンとは

ジルコニアクラウンとは、ジルコニアで作られた被せ物(クラウン)です。

虫歯やケガなどが原因で歯の大部分を欠損した場合は、インレーで補うことができないため、クラウンを被せて噛む機能を取り戻します。

ジルコニアは強度が高く、とても丈夫な素材なので、噛む力が強くかかる奥歯の治療に適用可能です。このため、ジルコニアクラウンは奥歯の治療にもおすすめできます。

ジルコニアとセラミックの違い

ジルコニアはセラミックの一種で、従来のセラミックを強度や耐久性の面で進化させた素材です。

セラミックは見た目が天然の歯に近く、古くから審美歯科治療で使われてきました。ただし、従来のセラミックは見た目が天然の歯に近く美しいものの、強度や耐久性が低いという問題がありました。強度や耐久性では金属に劣り、割れたり欠けたりしやすかったのです。

従来のセラミックが持っていた強度や耐久性の低さを解消したのがジルコニアです。強度と耐久性は従来のセラミックよりも優れています。

とはいえ、見た目の美しさは従来のセラミックに比べれば劣るため、強度ではなく、見た目が重視される前歯などの治療にはセラミックを使ったほうが良いでしょう。

一方、噛む力が強くかかる奥歯では強度が重要です。このため、見た目よりも強度が重視される奥歯などの治療には、ジルコニアを使ったほうが良い結果につながります。

上記のように、それぞれの素材には特徴があり、ジルコニアとセラミックの違いを理解して使い分けるケースがほとんどです。

ジルコニアセラミックとオールジルコニア

ジルコニアで作る被せ物(ジルコニアクラウン)には、「ジルコニアセラミック」と「オールジルコニア」の2種類があります。

ジルコニアセラミックとは、ジルコニアで作った被せ物の外側を従来のセラミックで覆ったクラウンのことです。ジルコニアは見た目の美しさがセラミックよりも劣るため、前歯などの目立つ部分の治療の際は、外側を美しいセラミックで覆ったジルコニアセラミックにします。内側は丈夫なジルコニア、外側は美しいセラミックでできたジルコニアセラミックは、高い強度と見た目の美しさを両立できるのが特徴です。

一方、オールジルコニアとは、ジルコニアだけで作ったクラウンのことです。ジルコニア以外のセラミックを一切使っていないため、さまざまなセラミック治療の中でさらに強度と耐久性に優れています。ただし、見た目の美しさでは、ジルコニアセラミックやオールセラミックに劣ります。

ジルコニア治療の特徴

ジルコニア治療の特徴を、メリット、デメリット、失敗例を通じて紹介します。

ジルコニア治療のメリット

ジルコニア治療には、下記のようなメリットがあります。

  • 1
    銀歯のように劣化せず寿命が長い
  • 2
    強度が高く丈夫で耐久性がある
  • 3
    強度が高く丈夫で耐久性があるため噛む力が強くかかる奥歯の治療も可能
  • 4
    表面が滑らかで汚れがつきにくいので変色しにくい
  • 5
    表面が滑らかで汚れがつきにくく、虫歯や歯周病にかかりにくい
  • 6
    金属を一切使わないので金属アレルギーの心配がない
  • 7
    金属を使っていないので金属の溶け出しよる歯ぐきの黒ずみがない

ジルコニア治療のデメリット

ジルコニア治療には、下記のデメリットがあります。

  • 1
    見た目の美しさはオールセラミックに劣る
  • 2
    強度が高く丈夫なので噛み合わせる反対側の歯を傷めることがある
  • 3
    健康保険が使えず費用の相場が高い
  • 4
    メタルボンドに比べると費用の相場が高い

ジルコニア治療の失敗例

ジルコニア治療の代表的な失敗例を紹介します。

治療部位が不自然に見える心配も

ジルコニア治療で多い失敗例は、ジルコニアを入れた部分が不自然(作り物っぽい、天然の歯ではないとわかる)に見えてしまうことです。

不自然に見える原因は、ジルコニアに透明感が不足している点にあります。

歯は白いだけでは自然には見えません。天然の歯は透明感のある白さが特徴だからです。

ジルコニアは強度や耐久性は優れていますが、セラミックほどの透明感はありません。

当院では、こうした不自然に見えるという失敗で患者さまが後悔されないよう、前歯など見た目を重視する部分の治療には特に細心の注意を払っています。

ジルコニア治療の種類・費用

当院で提供しているジルコニア治療の種類と費用・値段の目安を紹介します。

患者さまの負担を抑えながらより美しいセラミック治療の提供を目指す当院では、「印象(お口の型どり)」「形成(被せ物の土台づくり)」「咬合調整(噛み合わせの調整)」の3点に特にこだわっています。

お口の型どりでは、「圧排糸(あっぱいし)」と呼ばれる専用の糸を使用します。これにより歯と歯ぐきの境目など繊細なラインを、より正確に型どることが可能です。

また、特別なシリコンの型どり材と、お口の中をスキャンする機器(口腔内スキャナー)を症例に応じて使い分け、精密な型どりを追求しています。

被せ物の土台となる歯を削る際も精密さを追求します。審美歯科専用のバー(歯を削る器具)を用いて、丁寧に治療を進めることで、美しく処置できるだけでなく、出血を抑えて患者さまの負担を軽減することが可能です。

さらに、最終的な被せ物の前段階として仮歯を製作して、この仮歯で噛み合わせを調整します。仮歯で患者さまが違和感なく噛めるようになれば、仮歯のデータを最終的な被せ物に反映できることがメリットです。

その上、実際の被せ物の製作は、当院が選りすぐった歯科技工所に依頼しています。

ジルコニアインレー・アンレー(詰め物)

ジルコニアインレー・アンレーとは、ジルコニアで作られた歯の詰め物のことです。

インレー・アンレー(詰め物)は虫歯などが原因で欠損した歯の部分を補うために用い、特に欠損部分が小さい場合に適しています。

ジルコニアは強度が高く、とても丈夫な素材で、噛む力が強くかかる奥歯の治療にも適用できます。このため、ジルコニアインレー・アンレーなら奥歯の治療にもおすすめできます。

費用・値段
69,300円 ※自費診療となります。

ジルコニアセラミッククラウン(被せ物)

ジルコニアセラミッククラウンは、ジルコニアで作った被せ物(クラウン)の外側を従来のセラミックで覆ったものです。

ジルコニアは見た目の美しさがセラミックに劣るため、前歯などの目立つ部分の治療では、外側を美しいセラミックで覆ったジルコニアセラミックにします。

内側は丈夫なジルコニア、外側は美しいセラミックでできたジルコニアセラミックなら、高い強度と見た目の美しさを両立可能です。

このため、前歯などの見た目が重視される部位への治療におすすめできます。

費用・値段
129,800円
※神経のない歯の場合は別途、土台のファイバーコア10,780~13,200円代がかかります。
※自費診療となります。

治療名:ジルコニア治療

治療の説明:見た目や噛み合わせなどの改善を目的に、人工の歯(かぶせもの)で補う治療法です。

治療の期間・回数:おおよそ1か月、上物のみの場合:2回、ファイバーコアを入れた直接法の場合:2回、ファイバーコアを入れた間接法の場合:3回 
※アポイントの状況やお口の状態により期間や回数が変わります。まずは当院へご相談ください。

治療のリスクや副作用:強い力をかけると割れる(欠ける)可能性があります。土台となるご自身の歯を削る必要があります(削る量は材質や個人差によります)。歯の状態によっては神経の治療が必要になる場合があります。治療時に出血を伴う可能性があります。

※表示価格は全て税込です。

以下のページもご覧ください

私共が提供しているセラミック治療の種類や特徴を紹介しています。

金属アレルギー対策に役立つ当院のメタルフリー治療について紹介しています。

当院の審美歯科治療の基本的な流れについて紹介しています。

設備など院内の様子はこちらをご覧ください。

当院では審美歯科・セラミック治療でお悩みの方へ無料相談を行っています。お電話よりお気軽にご連絡ください。

045-813-7047

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~12:45
午後:15:00~19:00
□:15:00~18:30
△:14:30~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日
※学会や研修会などのため休診日が変更になる場合があります。その際、木曜日に診療を行うこともあります。

045-813-7047

〒245-0008
神奈川県横浜市泉区弥生台24-11
相鉄いずみ野線「弥生台駅」南口より徒歩2分